トップ

モンスターペアレンツと学校

学校の新しいお話

トイレ

学校にとって保護者とは

モンスターペアレンツという言葉ができてから、だいぶ時間が過ぎました。自分の子供の実態も理解せず、理解しようともせず、自分の主張だけをして周りの人たちに大きな迷惑をかける人たちのことです。でも、学校は、実際問題として保護者の協力を得なければ成り立ちません。教育活動を遂行していくためには、保護者の協力は不可欠です。モンスターペアレンツといえども、運営の原動力なのです。なんとかして理解と協力を得ようと、いろんな人が苦労しています。親たちが一致団結して学校の運営にかかわっていくことが大切なのです。子供たちのために協力しましょう。

保護者としての役割について

学校の先生がストレスに感じていることの一つが、保護者の干渉です。大切な子供を預けているので、たしかにいろんな心配はあります。しかし、あまりにも親が校則や授業内容について細かいことに口出しをしたり、子供の友達関係に深くかかわり過ぎるなら、学校に迷惑をかけてしまうことがあります。子供を心配して気遣う気持ちは大切ですが、保護者として担任や子供を信頼するようにしましょう。そして、何か危険なことや気がかりなことがある場合には、すぐに感情をむき出しにするのではなく、冷静になって担任や子供に聞くようにしましょう。

↑PAGE TOP